動画編集ソフト「ムービーメーカー」の落とし穴

ムービーメーカーは無料で使える大変便利なソフトです。

しかし、たくさんの写真や音楽を編集するのには向いていません。僕は編集してプレビューするたびにタイミングが変わる、いつまでたっても作業が終わらない無限地獄に陥ったことがあります。

このときのストレスはすごかったです。Excelで言うと、表計算するたびに答えが違うようなものです。使い物になりません。一応こういうときは音楽や写真を減らすと改善することがあります。

さらにフリー ソフトなのであまり凝ったものは作れません。例えば、動画に動画を重ねたり、写真にアニメーションを入れたりはできません。動画を作り続けていると「こんなことをしたい」と思うことが増えてきて、あっという間にこのソフトの能力を超えてしまいます。本当に初心者向けのソフトなのです。

動画編集ソフト「ムービーメーカー」の落とし穴

と、ここまで書いておいてなんですが、それでも初めて結婚式プロフィールビデオを自作するならこのムービーメーカーをおすすめします。上記の不具合が出るのはいわゆる大作を作るときだけですから。

僕もムービーメーカーで何度も結婚式プロフィールビデオを作っていますが、写真40枚ぐらいで音楽そのまんま1曲なら問題なく使えます。(PCの性能によってはフリーズしまくって作業にならないこともあります)

  • 無料
  • 直感的に操作できる
  • シンプルなスライドショーなら十分

ちょっとした動画の編集にはとても便利なソフトです。YouTubeの自作ビデオは、ほとんどこのムービーメーカーを使用しています。

プロフィールビデオに使う写真と動画編集ソフト

プロフィールビデオで使用する写真について書きます。

二人の写真はもちろんですが、両親や友人への感謝を伝えたい場合は昔の写真が必要になります。子供の頃からの写真は実家にある場合が多いので取りに帰りましょう。

うちの両親は子供の頃からの写真を整理して分厚いアルバムに残してくれていました。ちょっと感傷にひたりながら動画に使う写真を選んでいきます。あれもこれも使いたくなって合わせて100枚ぐらいゲットしました。

プロフィールビデオに使う写真と動画編集ソフト

この100枚という枚数はかなり多いです。プロフィールビデオでは5分ぐらいの曲で30枚~40枚ぐらいがベストです。写真が次々切り替わると、出席者は見るのに必死で感動できないからです。多い中から絞っていきましょう。

古い写真は色ボケしたり修正したいときがあります。持っているなら画像編集ソフトのPhotoshopで色補正していきます。持っていない場合はフリーソフトのgimpなどを使って色補正しましょう。ただしやりすぎはよくありません。見づらい写真を見やすくする程度で十分です。むしろ色あせた写真の方が味が合って懐かしさと感動にひたれます。

さらに必要なのが動画編集ソフトです。

自作するならフリーソフトのムービーメーカーがいいと思い ます。無料ですが十分にいいものが出来ます。しかも機能が少ない分シンプルで操作しやすいです。ただムービーメーカーは動画やスライドを重ねることができないし、コメントも1枚にひとつしか出せません。エフェクトも少ないし自由度は低いです。

市販のソフトでVideoStudioというソフトが1万円ぐらいで売っていますが、上記のことが全部できてなかなか使いやすいので初心者にはおすすめです。