プロフィールビデオの曲(音楽)と著作権

結婚式のプロフィールビデオは音楽が重要です。

見る人を感動させたいか、楽しい雰囲気にさせたいか、笑いで包みたいか、全ては使用する音楽で決まると言っても過言ではありません。

動画を自作するにあたり、自分が好きな曲や、思い出の曲を使うのはもちろんかまわないのですが、感動させたいと思うなら曲は選ぶべきです。つまりレゲエやハードロックではなく、ゆっくり目のラブソングです。

例えば「槇原敬之の僕が一番欲しかったもの」、superflyの「愛を込めて花束を」あたりは鉄板で感動できる名曲です。こんな感じの曲を選ぶと失敗がないですね。

プロフィールビデオの音楽について

だだし、結婚式プロフィールビデオの音楽は注意点があって、どんな曲でも自由に使えるわけではありません。著作権法によってアーチストの曲を勝手に使うのことは禁じられています。結婚式のようなたくさんの人がいる場所で使用するとなるとそれほ営利目的となるため、JASRACなどの著作権者に許可を取る必要があります。

動画を自作して、自分で買った音楽CDを使った場合でも、事前に結婚式場に確認しておいた方がいいでしょう。

とはいえ、ほとんどの結婚式場はJASRACと包括提携を結んでいるため、アーチストの曲を使った自作ビデオを流しても問題ないことが多いです。